カテゴリー別アーカイブ: 未分類

《子安宣邦のホームページ 思想史の仕事場からのメッセージ》

[お知らせ]

17年2月1日「blog」を更新しました。

 

「思想史教室」のお知らせ—2月のご案内

*  だれでも、いつからでも聴講できる「思想史の教室」です。
* 新思想史講座「未完のナショナリズム・津田『我が国民思想の研究』を読む」を始めました。
*「論語塾」における伊藤仁斎『論語古義』解読は最終段階に入ります。ご一緒に『論語』の最後の諸章を読みませんか。これはめったにない体験です。


思想史講座―「未完のナショナリズム」・津田『我が国民思想の研究』を読む

*「未完のナショナリズム」というタイトルで新講座を始めました。この講座では津田左右吉の『文学に現はれたる我が国民思想の研究』をテキストとして読むというよりは、この書を課題として立てることによって見出されてくるいろいろな問題を論じていきたいと思っています。第5回は『源氏物語』に代表される平安女流文学に対する津田の評価をめぐって、ことに津田の「国民」概念をめぐって考えたいと思っています。

 *大阪教室:懐徳堂研究会

2月18日(土)・13時〜15時
津田「国民思想」論・5:『源氏物語』と津田の「国民」概念
会場:梅田アプローズタワー・14階1403会議室


*東京教室:昭和思想史研究会

2月4日(土)・13時〜16時
津田「国民思想」論・5:『源氏物語』と津田の「国民」概念
会場:早稲田大学14号館1060教室
  

*参考文献:津田左右吉『文学に現はれたる我が国民思想の研究ー貴族文学の時代』「第二篇 貴族文学の成熟時代 第一章〜第九章 」。
本居宣長の『源氏物語』論を津田の『源氏』論と併せてお読みになることをお勧めします。宣長の『源氏』論については、私の「物の哀れを知るより外なしー宣長「物の哀れ」物語論の成立」(『紫文要領』岩波文庫の「解説」。『宣長学講義』岩波書店、所収)をお読み下さい。

論語塾―伊藤仁斎とともに『論語』を読む

『論語』はどこからでも新しく読むことができます。
 途中からでも自由にご参会ください。この『論語』購読は最後の諸巻に
入りつつあります。ぜひご一緒に『論語』を読み終えませんか・

『論語』とともに、伊藤仁斎の『童子問』を読みます。
『童子問』は日本近世最高の思想書とみなされる仁斎晩年の著作です。

講座の開始時間が午後1時からとなりました。ご注意下さい。

 2月25日(土)13時〜16時  ① 陽貨篇・1  ② 『童子問』上

 資料は当日配布します。『童子問』のテキストも用意いたします。

 会場: rengoDMS(連合設計社市谷建築事務所)JR飯田橋駅西口から徒歩5分